FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/8 巴川

アユ
10 /08 2016
10/8 巴川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(13cm 1匹)
      
■釣行記

 前日のおとりが残っていたので、昼からの時間を使い
短時間勝負で、今年最後となるであろう、巴川へと向かった。
HGで川を見ると想像以上に水が多く、平水より40cm増、
いつも釣る場所には竿すら差せない感じの水量に、一瞬
豊田大橋への移動を検討するほどだった。

 まあ、この状態でどう釣るか、今年のレベルUP?を
確認する意味を込めて、そのまま釣りを開始。足元には
チビが居るが追い気なし。とりあえず垢が飛んでいる
強い筋をさけ、弱いところから釣り開始。幸いおとりの数は
いるので、いざとなれば勝負できるのは心強いところ。

 まずは、弱いところを探るが反応なし。強い流れの石裏で
1回蹴られる。さらに探って気配がないため上流へ。普段水の
通らないようなチャラが、浅い急瀬に変身中。ここを探ってみると、
足元から魚が出てくるが、後ろをついて泳ぐ程度でかかるには至らず。

 ともかくメインの流れは、並みのおとりが入る強さでないため、
垢残りとなりそうな大岩の裏や曲がった流れの裏を探ってみる。
トロ場で一度ケラレ、さらに次のあたりは無事かかる。サイズは
小さいがおとりになるサイズだな、と抜きあげると空中バレ。

 今年最後の1匹になるはずだったのに?と思いつつ、しつこく
近くを探るとようやくのかかり。真っ白な13cmでとりあえず
ボウズ逃れ。結果、これが最後の1匹となった。その後、入川口
付近に戻り、強い流れを探るため錘を付けて悪あがきすると、
瀬の中でブルブルといい感じにかかる。お、2匹目と思った瞬間、
水中バレで終了。

 追う感じがなく、厳しい釣りだったが、それでもたまに反応を
引き出すことができたのは収穫ということにしたいと思う。
まだまだオバセ量と、おとりの位置、魚の動きがうまく連動させられて
いないのを実感できた。今年、あと1回行けるのかどうか、わからないが
来年はもう少しうまく釣りたいものだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。