12/11 篠島

アイナメ カレイ
12 /11 2016
12/11 篠島

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :岩虫
・対象魚 :アイナメ(34cm 1匹)タケメバ(27cm 1匹) 他パラパラ
       
■釣行記

 アイナメ、カレイ狙いの定番篠島へ。当然アイナメ、カレイの
良型をねらって釣っていく。そろそろ時期だし、というタイミングだが、
風も強く寒いし、なかなか探りづらい状態だった。

 まずは1匹と探っていくが、あたりもほぼなし、たまに当たると
ビリメバという形で2時間ほどの時間が過ぎていく。そろそろ、ボウズ、
お土産なしがよぎったころから、少しあたりが増えてくる。最初の
ポイントから、だいぶ探ったところで、ようやく大きなあたりが出る。
このあたりは、残念ながら乗せられなかったが、付近にいるはずと、
もう少し探っていく。

 すると、再び良型の当たりが出る。今度は思い切り送り込んでから
大合わせをすると、キーンといい糸なりがして、勝負開始。アイナメに
してはまっすぐ引くな、と思いながら浮かせると、タケメバ。サイズは
27cmと、昼間にしては相当な良型を確保しほっとする。



 付近を探っても、続かなかったため、大きく移動してみる。移動後も、
あたりは少しある状態で期待ができる形になってきた。探ること、しばし、
前へ打った仕掛けに、じわじわとあたりがでて、穂先を絞り込んでいく。
十分に送って合わせると、竿が胴からしっかり曲り、手前に走る。
竿を立てて、引きに対応していると、首降りの振動が伝わり、アイナメ
確定。あとはタモ入れ、とタモを外したら、メガネも一緒に外れ、海中へ・・・。
一瞬、我を忘れたが、落ち着いて、まずは沈みつつある眼鏡をタモ入れ(笑)。
続いて眼鏡をタモからだして、浮いているアイナメを無事確保。



 34cmと、ナイスサイズのアイナメを確保し、ほっと一息。この後
餌切れまで探ったが、キタマクラが釣れたりと、餌だけを浪費する形で
後が続かず、終了となった。ほかは、ビリメバ、ビリガシ程度と
厳しかったが、単発で出る良型に助けられた形だ。

 投げのカレイも不発で残念だったが、まあ、探りで良型アイナメ、
タケメバを確保し、おいしい土産が捕れたのでよかったと思う。また、
年明けに勝負だ、と思える結果だった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。