5/17 矢作川

アユ
05 /17 2017
5/17 矢作川

■データ

・メンバー:Bigone 
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(16~14cm 7匹)
       
■釣行記

 解禁直後の混雑は無理だと思い、今年も1週間経って、平日年休を
取って鮎釣りスタート。ポイントはおとり屋の下流。今年は小渡
以外釣れん・・・と情報もあったが、とりあえず、おとり屋下流で
様子を見る。

 川に降りて情報交換すると、小渡も反応が悪くなっており、
このあたりで釣ればいいとの助言をもらう。今回はここで勝負
してみることにした。竿3本分ぐらい空いている隙間があったので、
そこに入れてもらい釣り開始。今年は泳がせの練習をするつもりだ。

 ひさびさのおとり装着から、ドキドキしながら探っていく。周りを
見ているとたまにかかっているようで、そこまで悪い状況ではなさそう。
私も、と思い泳がせていくと、おとりが対岸をいい感じに泳ぎ上がっていく。
すると、ゴンゴンと反応が出だす。掛かれ!と念じることしばし、
目印が下りだす。よっしゃ!とゆっくり竿を立てて、無事タモ入れして
今年も鮎とご対面。15cmほどだが、きれいな鮎にほっとする。
このころから、ウェダーに違和感あり。右足は浸水してべたべたに
なってきた。

 おとりが変わって続くか?と思うが、あまりいい泳ぎをせず、
時間が過ぎる。再度、おとりを養殖もどし、少し泳がせていくと、
目の前でグルグルとかかり鮎が回る姿が見える。喜んで竿を
立てて1匹追加。

 どうも、かかるポイントは流心でなく外れた緩めのところの
ようだ。次の1匹はとうとう、天然の循環で。一発差し直しの
動作でかかったが外れてしまい、その後同じようい対岸で大きく
誘った瞬間にかかった。今日は極端な動きに反応がよいようだ。
しかし、対岸を狙いすぎて根がかり、大事な天然をロストしてしまう。

 養殖に戻して、次の1匹は早い瀬の溝。これはらしいかかり方で
楽しかった。もう1匹手前でかけ順調に5匹まで釣れる。ところが、
ここからかからず、一旦昼食休憩。

 午後は、長めの休憩の後、岩裏のトロで差し直しの動きに反応した
魚がかかり、1匹追加。下流から順にかかってきたので、そろそろか?
と思って釣っていたが、私のところまでは群れが差してこず。

 最後に、車で移動をして1時間の悪あがき。浅いところを泳がせて
1匹引き出したが、この後が続かず終了。


 今年の開幕は7匹。1匹は根がかりでロスト。まあ、周りも
そう変わらなかっただけに、こんなもんだとは思うが、去年ぐらいの
状況ならもう少しは釣れただろうと思う。まあ、雨が降ったり状況が
変わったりというタイミングに期待して、今年も矢作中心に鮎釣りを
展開していきたいと思う。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。