FC2ブログ

11/6 篠島

アイナメ カレイ
11 /06 2010
11/6 篠島

■データ
・メンバー:Bigone Mさん
・エサ  :岩虫 エビ 青虫
・対象魚 : マコガレイ(35cm 25cm 各1匹) イシガレイ(32cm 1匹)
アイナメ(21cm 1匹) クジメ(22cm 2匹 以下2匹)
その他:ヒガンフグ(29cm 1匹)

■釣行記
 今年初の篠島。先週は台風の影響で釣りにこれず、今回は順延釣行ということに。
時期的には、アイナメは走り、カレイがベストシーズンということで、投げ釣りにも
、結構重きをおきつつも、基本は探りによる、ポン級を目指してのつりとなる。


 到着後、投げの1投目で、Mさんが早速、マコガレイをあげる。昨年の初回釣行と
そっくりのスタートにちょっとびっくり。しかし、私のほうも、投げを回収すると同様に
25cmのマコがついており、さっそくのお土産確保に幸先よいスタート。

 ところが、その後といえば、当たりはあるもののフグばかり。たまにグレやカサゴが
くる程度。途中良型を掛けたかと思えば、ふぐで歯に切られたり、といった感じで当たりが
少ないまま、時間が過ぎる。


 2時間ほどたって、投げも重視して、回収、投入を繰り返していると、明らかに投入した
ところよりも手前に来ているのがわかる。カレイの糸ふけ当たりだと思い、糸を巻き取り
合わせると、あれ・・根かがり。しかし、状況が状況だけに、少し位置をずらして、竿を
あおると、ずるっと抜けて巻きとり開始。かなりの重みに期待をしながらあげてくると、
35cmという自己記録タイの立派なマコガレイ。



これで、お土産には十分に満足。さらに探りをいれると、とうとう本命サイドのクジメが釣れる。
当然クジメなので、型も小さく22cm程度、このあと、アイナメ1匹、クジメ3匹と一応、
それらしい魚が釣れるが、今回は型が小さい。

 そんななか、どうみてもフグの当たりが出て、あわせると、ものすごい勢いで外にはしり、
竿の弾力が0に。チヌでもかかったんか?というほどの引きを堪能するものの、フグには
間違いなし、よゆうでやり取りして上がってきたのは、なんと29cmもあるヒガンフグ。
これにはちょっとびっくり。


 この後は、投げを回収すると、先ほどよりもっと引く魚がきて、フグかと思えば、
これもラッキーなイシガレイの32cm。これをほぼ最後に、本日の釣りは終了。探りの
ふがいなさはあるものの、超おいしいお土産があるので、そこそこ以上の満足度で終了。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。