6/11 名倉川漁協 根羽川

アユ
06 /11 2017
6/11 名倉川漁協 根羽川

■データ

・メンバー:NAさん Bigone 
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(19~14cm 42匹)
       
■釣行記

 今回は、前回の爆釣を受け当然の名倉川漁協根羽川へ。
NAさんと共に一般解禁のサラ場を狙わず前回のポイントで
仲良く釣ることにした。特別解禁よりもはるかに人が多く
釣りづらい感じではあったが、前回より少し遅めの7時半過ぎに
釣りを開始する。なんとか新竿を購入、前回までより相当
軽くなったので、操作性も上がったはずだ。

 前回群れアユをかけたポイントには魚が薄かったので、下流へと
下って群れアユの見えるところから、釣り開始。大きな群れがいて、
ここに絡ませるつもりで勝負を開始する。釣り開始してしばし、
群れの中でかかり鮎が見える。早々に1匹を釣ってホッとする。
その後、チャラ瀬の中で追って掛かる鮎が出だし、連発も含め、
順調に数を増やす。9時ごろをピークに数を稼いだが、下流のチャラで
追う魚は釣りきったのか、追いがなくなって少し移動する。

 移動後は、単発でかかる。群れでかかる魚は小さくて白い、
追って掛かるのは良型というパターンだが、追う魚が少なく前回と
違って数が伸びてこない。途中、淵で食んでいる群れがかなり
いい感じでかかりだして、7匹ほど連発。完全な入れ掛かり。
こりゃ、えらいことになるか?というペースだった。ところが、
上流の人が木に仕掛けをかけて川の中に移動してしまい、
折角の群れが散ってしまった。これを合図に、前半20匹強(推定)
という数まで釣果を伸ばして休憩。

 休憩後は、やはり追いが悪い状態が続くのだが、群れをかけたり、
多少追い気のあるのを拾ったりしながら時間を使う。2時ごろから
目の前で追う魚が見えるようになったが、前回とは違い、追い
切らない。ただ、追ってくる魚をみながらおとりを操作し狙い
通りかけられると面白い。追うパターンと追いきらないパターンも
わかったし、動かすばかりであく、止めておく必要性も理解できる
状況だった。

 最終的には、42匹(込み44匹)で予定の時間終了。まだ釣れる時間
だったが、まあ今回もこの程度の時間が良かろうと見切りをつけた。
7時間で42匹と、今回も悪くないペースだった。ただ、ケラレ、バラシで
おとりがつながらないタイミングが3回ほどあったので、ココをうまく
つなげれば、もっと釣果を伸ばせただろうし、今後の課題と言えそうだ。



 針を早く変えて、リズムを崩さないように釣らないとこういう停滞に
つながるのだろう。NAさんは、良型もそろえ、込み35匹と、2人共
よい結果で満足の結果となった。もう少しかかるかもしれないので、
もう1回ぐらい行くかもしれないが・・・。この好調だと、当面人だらけ
だろうし、すぐ枯れるだろうな・・・。次回は不調の矢作にでも行くと
しようか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。