FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/30 塩浜テトラ

メバル
06 /30 2017
6/30 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:Bigone 
・エサ  :青虫 カメジャコ ストロー
・対象魚 :メバル(23.5cm 1匹) ガシ(22~20 8匹 18cm前後 8匹)
      ムラソイ(20cm 1匹 以下数匹)他
                  
■釣行記

 ソルティーの大物確保の情報もあり、HGしかもソルティおすすめの
ポイントへと向かう。到着は9時過ぎ、12時までの勝負と決めて釣りを
開始する。

 青を付けての一投目、グレっぽいあたりがでる。その後2投でグレ確保。
さらに、ガシが釣れる。どうも、グレが多すぎるようで、浅いところでは
グレが当たる。かなりの引きのグレが来たので、思い切り止めてみたら、
ブレイクしてしまった。

 その後、少し移動しながら釣っていくと、20cm前後のまあまあのガシが
たくさん釣れる。そんな中、浅いところで本日の裏本命メバルが出てくれる。
型も23.5cmと何とか刺身も取れるサイズでお土産用にキープ。



 メバル狙いに、と思ったがどう見てもジアイなので、カメジャコに変えて
今回の本命を狙って奥の深いところへ入れていく。そう簡単に釣れないだろうと
思って探っていくと、簡単に本命のあたりが出る。思い切りガツッと押さえこみ
モワモワ。しかも、ゆっくり持ち上げてくると魚ごとついてくる。典型的な
アズキ当たり。魚がしっかり下を向いた瞬間に大合わせをくらわせる。すると、
ギュンと重みが乗り、走り始めた直後すっぽ抜ける。

 しまった~と思っても時すでに遅し。さらに、探っていくがカメジャコに
食ってくるのは良型ガシ。これで終わりかな?と思ったが、もう1匹いました。
少し移動した先で同じようなあたりが出る。先ほど浮かせ気味の対応で失敗
したので、送り込みでしっかりと飲み込ませるようにする。十分に送り込んで
さらに、魚が反対を向いて走り始めたところで合わせる。合わせで五分五分。
その後、もう一走りする。竿の限界で耐えて、さらに膝と手首で耐えまくる。
すると首を振り気味に走りを止める。すると一気にテンションが抜けて再び
すっぽ抜け。自信のチヌ針3号なのだが、この魚の大型はホントに外れやすく、
連発のバラシにさすがにへこむ。

 この後は、今更ながら針のサイズを思い切り大きくしたが、もう3度目はなく、
ひたすら良型ガシにあそんでもらうことに。メバルを狙って探ったところ20cmを
超える良型ムラソイがつれたりしたが、最初のメバルを超える魚は釣れず。
お土産は1匹のみとした。

 しかし、この日はガシの型が今までにないほど良くて、20cm以上で8匹
というかなりの結果だった。今年は根魚の落ちが遅くてまだまだ楽しめそうな
感じだった。しかしHGの良型はまだいるのようなので、今年もう1回ぐらい
勝負してみたいと思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。