FC2ブログ

7/2 愛知川上流

アユ
07 /02 2017
7/2 愛知川上流

■データ

・メンバー:Bigone 
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(18~12cm 21匹)
       
■釣行記

 今回は、解禁2日目の愛知川上流。おとり屋で話を聞くと、狙っていた
下流はイマイチ。上流はみな釣れていたが、もう人でいっぱいだろう
とのこと。ということで間をとって、中流域のキャンプ場付近に
入ることにした。

 先客は2名、その下に入ることにし、釣りを開始する。先客の方も
到着から反応がないとのことだったが、私も同様。気配なく1時間弱の
時間を過ごす。先客の方が移動中に声をかけてくれた、ちょうどその
タイミングで、反応が出始める。

 いま反応が出た、けられた・・・と言っているうちに落ち込みの
泡の中でかかった。ダンゴになって上がってきたが、無事1匹目を確保。
サイズは13cmほどでやや小さい。その後、少し下へ入れると、思い切り
反応のよい魚が飛んできてかかる。これは18cmほどの良型で追星3個の
ギンギン。これで続くか?と思い送り出すと、白い群れアユ。しかも
口がかり。さらに、同じようなパターンが続く。

 群れの中に絡むとかかるが、小さいおとりでは反応が悪く、大きめの
おとりの後ろについた群れアユがかかる感じだった。11時までで、9匹。
少し反応が悪くなっていたので、ココでツ抜けまでと思っていたが、
結果少し上までを丁寧に探って14匹まで数を増やしたところで、前半を
終了。幸運にも、群れの入る場所にいたので、良かったが、周りの人は、
全く釣れずに移動を繰り返していたし、よく釣っていた人は1人のみだった。
さらに、追って掛かったのは2匹ぐらいと数の割に厳しい勝負が続いていた。

 群れが中心で、型も小さいものがメインだったので、もともと入ろうと
思っていた下流へと車で移動する。下流でも狙っていたところには人が
居たので、釣りづらいだろうが、鳥よけの糸の間の狭いところで釣りを
開始する。

 期待していなかったが、一応魚はいるようで、岸際のほうが少し垢付が
良い感じだったので、岸際をさぐるが蹴られるのみ。そこで、期待して
いなかった中央付近へ。すると意外にもあっさりとかかる。チビだったが、
これをオトリに送り出すと、良型が瀬の中でかかる。鳥よけの糸を一つ
くぐって抜いてくると、17cmほどの良型背がかりだった。この後もパラパラと
かかるが、大きな動きにしか反応しない感じで、極端な動きをさせると
かかる形が中心。それでも、チビも交えながらにはなったが、7匹を釣る。

 こちらの方が追って掛かる感じで、いい型も混じったので楽しい釣りに
なった。これからというタイミングで、空が曇ってきて風が吹いてきた。
それと共に追いもわるくなってきたという感じ。そこに雷が鳴ってきたので
あわてて竿をたたんで終了。車に入った直後豪雨となり、まあいいタイミング
での終了だった。

 14時過ぎ終了、休憩を除くと、実釣5.5時間、21匹という結果は、昨年3匹で
終わった愛知川の結果としてはまずまず。中下流の釣果としては、かなりいい方
だろうと前向きに捉えたいと思う。順調に夕方までやれれば、30匹程度は
いけただろう。

 今年の鮎釣りは、解禁直後のいい場所に行っているせいか、泳がせを
覚えたせいか、いい感じに釣れるようになっている。世間並み以上には
釣れるようになってきて、かなり楽しい感じになってきた気がする。


 -大半が13cm前後、16以上は8匹のみ-
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。