FC2ブログ

7/14 矢作川

アユ
07 /14 2017
7/14 矢作川

■データ

・メンバー:Bigone 
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(21~14cm 6匹)
       
■釣行記

 今回は、年休を取得して矢作川へ。下流が釣れ始めている情報だったので
まずは豊田大橋を覗いてみたが、激しい濁りであきらめて、上流へ。おとり屋で
だいぶ時間をつぶし、11時半ごろから、こちらも激しい濁りの中、寿楽荘で釣り開始。

 こんなんで釣れるんかな?と思いながら、まずは下流へ浅いところを泳がせて
いく。差しなおそうかな、と思って竿を立てると、少し反応がある、あれ?と
思うとかかっていて早々に1匹確保。これは行けるのか?と思い、浅いところを
探るが気配なし。

 最近得手になってきた泳がせで、流れの緩いトロを探っていく。待つことしばし、
目印がビューんと飛んで勝負開始。かなりいい引きで、20cm弱の良型だった。
さらに、このおとりを上に飛ばして探ること少し、さらに泳ぎ上がったところで
17cm級を確保、いるところに入るとかなりいいあたりがでて釣れてくる。さらに、
このおとりで14cmほどのチビを追加。次の1匹は、トロ場で再びよい当たり。
これも20cm近い魚だったが、抜きあげた途中で外れてしまった。掛かっている
場所も背がかりでばっちりよかっただけに、ゆっくり目にやり取りしての身切れは
もったいないことをした。

 この後全く続かず時間が過ぎる。あきらめて対岸の竿抜けに差すと反応あり。
本日最大の21cm弱がかかる。掛かった直後にジャンプして外そうとするが、
掛かりが深く、無事確保。ところがこの後全くかからなくなってしまい、結局3時間で
5匹ということになった。型はかなり良かったものの、追う魚が少なく、石色も
悪い状態だった。去年とは大きな違いだ。

 帰りに下流で一勝負できれば、と豊田大橋へ再度向かうと、濁りはそのまま。
でも、一応釣ってみようと、川に降りると先行者が2名。しかも、順調にかけて
いるのが見える。下流のチャラ瀬で釣っていた様子だったので、私は上流の浅めの
ところへ。

 少し探ると、ビリビリっとかかる。これで続くか?と思うが、続いたのは、
シラハエ。以降上流側をしつこく探ったが、たまに蹴られただけで、終了。
こちらは1時間半ほどだったが1匹のみ。

 開始直後にかかったので、2桁ぐらいは行けるのでは?と思っていたが、
甘かった。寿楽荘では動き回るべきだったし、豊田大橋でも釣れている付近を
釣るべきだったと思う。まだまだ場所の見切りが悪く、数を稼げていない気がする。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。