7/23 矢作川

アユ
07 /23 2017
7/23 矢作川

■データ

・メンバー:Bigone 
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(21~15cm 9匹)
       
■釣行記

 今回も、矢作川へ。豊田大橋を釣ってから、下流域を釣っていくつもりで
おとり屋へ。おとり屋の常連さんが、2匹釣れればいい方ととてつもなく
厳しいことをおっしゃる。大将も、木曜日まで掛かったけど・・・と悲しい情報。
とりあえず、釣れればうまくやった方だと理解し、釣り開始。

 あまり釣れないのだろうと思っていたが、確かに周りの人もかからないし、
一向に状況が好転しない。探ること1時間ほど、チャラ瀬で釣っている人が
掛けているの見えた。私も浅いところを探ろうかな?と思った瞬間、深い
ところでかかる(笑)。小さいが背がかりで1匹目確保。無事おとりが変わる。

 このおとりで、丁寧に泳がせていく。だいぶ時間がたったところで、奥のほうの
石周りでかかる。じわーっと下がっていくかかり方だったが、これも背がかりだった。
さらに、このおとりで探ることしばし、目印がパーンと飛んでいいかかり方。
17cmほどのまあまあサイズで背がかり、引きを堪能して抜きあげた。次は、
出しがかり。このおとりを足元から差していくと、ドンと反応が出て下る。
これも背がかりで4匹。こう書くと釣れているようだが、ここまで2時間。
その後1時間、うんともすんとも言わず、思い切って上流へ移動する。

 上流も、笹戸橋でも入ろうかと思ったが、勝手知ったる寿楽荘へ。移動後、
雨が強くなったので、お昼寝をしてから、釣り開始。竿抜けのポイントを
探して釣り開始。まずは、周りの話を聞いてみたが、釣れている様子はなく、
1人だけ、数匹、ほかはボーズで帰る人ばかりと、ここも同じような情報。
しょうがないので、緩い流れを探っていくが気配がなく時間が過ぎる。ここが
一番よさそう、という場所に、おとりを変えて泳がせていくと、ギランと
光って一気に登る。左右に瀬の中を泳ぎ相当時間がかかって浮かせて無事確保。

 その後、このおとりを上飛ばししていくと、泡の中まで泳ぎ上がったところで、
反応が出る。そのままかかって、勝負開始。これも背がかりの良型。非常に
楽しい引きを堪能する。この付近でかからなくなったので、少し下流に入れて
いくと、ここでもかかる。おとりと共に下へ引きまくる。止まらなかったので、
少し下ってしっかり竿でためて、おとりを浮かせてからさらに20秒ほど
うろうろしてようやく確保。最高!

 ここから、さらに上流側へ。おとりを変えること2回、竿抜けを狙い、ヘチ際の
深いところを泳ぎ上がらせると、びゅんとかかる。掛かればでかいし全部背がかり。
これもいい引きを堪能して確保。次の1匹は、同じように泳がせていくと、一気に
突っ走る。目印が上流へとんでもないスピードで走って、これも長いやり取りの
末確保。あと1匹でツ抜けと頑張ったが、この後はかからず終了。 数はでないものの、
19~21cmと型揃いの背がかり5匹で、後半戦は堪能した。



 今回は、厳しい条件のなか、場所替え、オトリ交換等やれることをやって、
それなりに結果につながったと思う。後半の良型連発もあったが、数以上の
満足感だった。前回の反省をそれなりに活かせたと思う。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。