FC2ブログ

8/26 櫛田川(香肌峡漁協)

アユ
08 /26 2017
8/26 櫛田川(香肌峡漁協)

■データ

・メンバー:NAさん Bigone 
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(26~21cm 16匹)

■釣行記

 今回はNAさんとの釣行。いつも通り相談し、今回もNAさんが
情報収集してくれ、香肌峡へ。私の想像していなかった場所で、
さすがのリサーチ力だ。狙いは大アユということで、神通向けで
買って全く使わなかった大アユ仕掛けが使える状況。

 情報もそこそこということで、大アユ2桁、できれば15を目標に
釣りを開始する。ポイントは深野地区で香肌峡漁協では下流側に
当たるゾーンとした。弱気な私はおとり3匹、NAさんはおとり2匹を
購入し釣り開始。水温が高く、水合わせを丁寧にし、釣り開始は
9時半ごろとなった。

 おとりが変わるまでは、ということでチラシを使ってトロ場で
という狙いで探っていく。到着後、淵尻で巨大な鮎が食みまくっており、
チャラには18cmほどの鮎が群れていて、いい感じだったが、そのあたりを
探っていくものの気配なし。その直後下流側で、NAさんが竿を曲げている。
これは良型というかんじでゆっくりやり取りしていたが、まさかのウグイで
厳しい状態に。

 私のほうは、そのあとだいぶたって、渕頭の大岩周りで初当たり、
ビューんと目印が飛んで一気に竿に重みが乗って勝負開始。1年ぶりの大物との
勝負に久々感を感じながら寄せてくる。チラシが2本かかっていたが、背がかり
なので非常に引いた。25cmほど相当なサイズで、まずはおとりが変わる。
そのおとりを上流に向かって泳がせると、途中で反応して止まるゾーンがある。
そのゾーンへ飛ばしていくこと3回、ここでかかる。サイズは23cmほどと、
先ほどよりはちいさいものの、なかなかの型だ。

 ここでは続かず、少し上流へと移動し、仕掛けを8号のキープ系3本イカリに変更。
膝~腰までの水深が続く平瀬で、おとりを1匹目に戻して、泳がせていく。順調に
泳ぎ対岸に向けて走っていく。対岸の大岩の手前で反応が出てかかる。22cm
ほどと少し小さくなったが追加。さらに同じポイントへ誘導し、26cmほどの
でかいのが釣れる。この手前でもう1匹。さらに奥のポイントで24cmを追加して、
このポイントは反応がなくなる。



 さらに探り上がると、チャラ瀬で畳1畳ぐらいの真っ黒に密集した
群れを発見。そこに養殖をなじませてみる。すると、糸にものすごい
接触感覚が出た後かかった魚がぐるぐると回りだす。型は18cmほどの
おとりと同サイズだったが、抜きあげようと竿を立て、泳ぎまわった
ところで外れてしまう。この騒動で、群れは散ってしまい、群れでは
遊べず。この時点で13時前とだいぶ時間がたっていた。

 ここからは、チャラ瀬の奥のトロ瀬で勝負。手前にも魚がいる様子
だったが、かからず、上流へと飛ばしていくと、いきなりかかって
勝負開始。23cmほどが釣れる。この後は、魚に任せて、上飛ばしで連発。
このトロ瀬のヘチ付近を中心に残り時間で16匹まで順調に釣って終了。
25cmおとりで26cmを釣ったり、かかった瞬間数メートル突っ走ったりと、
大アユの引きを十分に堪能できた。14時半終了で16匹は、時速3匹以上と
なかなかのペースで大アユが釣れて、過去最高の鮎釣りと言ってもよい
結果だった。

 マイナーポイントだったが、情報通りの結果に大満足。目標の15匹も
達成となった。NAさんは下流側の石の少ないポイントを中心に探る形と
なってしまって、5匹で終了ではあったが、最大26cmと良型を確保、
前半のおとりピンチからよく立て直したな、というの印象だった。
大アユと勝負できるポイントは少ないし、また行きたいな、と思わせる
釣り場だった。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。