FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/16 気田川

アユ
09 /16 2017
9/16 気田川

■データ

・メンバー:NAさん Bigone 
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(20~12cm 9.匹)

■釣行記

 今回は、台風と秋雨前線の影響で、雨予報の中初挑戦の気田川へ。
NAさんが前回爆釣したとのことで、雨で状況が変わる前に一勝負
ということになった。おとり屋でおすすめの場所を聞き、8時半釣り開始。

 足首ぐらいのチャラがよいとのことだったが、確かに浅いところ以外は
垢が飛んでいる様子。中心の流れは小石で飛びきっていたので対岸の
ドチャラを狙って勝負開始。おとりを入れるため、流心付近に立って徐々に
対岸へと泳がせていく。

 3流し目ぐらいで上流のチャラでかかる。竿を立てると一気に飛んできた
13cmほどのビリ。抜けてくるスピードが速すぎてキャッチミス。サイズが
小さすぎる。次は岸際でかかるがこれもビリ。今度は注意して無事キャッチ。
これをオトリにしたが、奥まで泳がず。おとりを養殖にして、再度奥の岸際へ。
少しだけ大きくなり14cm。

 この後、このおとりが対岸に差した瞬間初めてらしいかかり方をして、
17cmの青い魚が飛んでくる。川が青い気田川のアユの色なんだと思う。
その後かからず、上流へ。1匹チビを追加したが、浅いところは型が
小さいため、岸際の膝上ぐらいの早いところへおとりを送る。すると、
何度か反応がある。次にかかったのは18cmほどの黄色い鮎。
その上で本日最大の20cmの良型。青くて、ひれがでかくて非常
にきれいな魚だった。

 その後もチビを釣って8匹。このころには雨も強くなり増水してきた。
水温も下がり活性も低下。人の活性も下がったので、一旦下流へ。
下流の分流は魚がいるがかからず、時間だけが過ぎる。本流側の最初に
かかった付近でおとりを離すと、3連発でかかるが、全部水中バレ。水位が
上がり少し条件が良くなった場所があるようだが、うまくおとりを繋げなかった。
最後に、瀬の真ん中を一番大きなおとりでぐいぐい引きまくって1匹追加。
16cmほどの青い鮎。あと1匹でツ抜けと思ったが、時間切れ。

091601.jpg

 一日雨の低活性の中で、なんとか釣りになっただけでもましな方かと思う。
条件が悪い日にでも釣りになるようになってきたし、川見もできるようになって
きた気がするが、今年後半9匹が4回目。冷水病ならぬ、ツ抜けできない病が
流行しているかも。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。