9/29 矢作川

アユ
09 /29 2017
9/29 矢作川

■データ

・メンバー:Bigone 
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(20~16cm 3匹)

■釣行記

 今回は、年休取得により金曜日の鮎釣りへ。地元矢作川の終盤を
楽しもうと、上流域のいつものポイントから、豊田大橋と予定を立てていた。
前日の謎の諸事情により、開始時間が大幅に遅れ、上流域でのスタートは
12時前とかなりおそくなった。

 まずは、いつものポイントからスタートしたが、石色が非常に悪くチャラトロ
では反応がない。一方、反対側の瀬には好天のため光が入り、きらきらと
食んでいる魚が光っている。ところが、この魚食んでいるだけで、近くを通しても
一向に反応がない。そこで、瀬、渕上流といろいろ探ること1時間強、
網の人が来て、あまりおらんね、というぐらいの状況。掛かる魚は、網で
取られているのか、反応もほとんどなく終了。ここであきらめて下流へ。

 ボーズが頭をよぎるが、とりあえず、豊田大橋は掛かっていると信じて
移動する。移動後、3名ほど探っている様子が見えたが、瀬肩の一人に
話を聞くと、全く反応しないとのこと。鏡の中にはチビ鮎がたくさん見えて、
これらは追っていないので反応しないだろうと、私も瀬に魚を入れていく形で
釣ってみる。

 そろそろ時期的には産卵に向けて群れていてもよいころで、そうなると
一か所で釣り返しがきくはずと思い、そういった場所を探す形で釣ってみる。
しかし、オトリも上流で疲れた子で反応も薄く苦しくなる。瀬を引かないように
泳がせていると、瀬を横切る形で進んでいく。すると、ががーっと反応があって
とうとうかかる。まあまあの引きで下っていったので少し下って竿を立てて抜くと
19cmほどのまずまずのメスできれいな魚だった。

 この魚で探っていくが、気配なく移動しながら反応を探す。今度は上流の
深めのポイントでかかる。瀬の浅いところにおとりが動いたと思って瞬間下る。
今度のほうがさらに型がよく20cmほどのきれいな魚だった。

 この後もかからず、チャラ瀬で魚が跳ねていたのでこちらへ移動。群れに
向かっておとりが走っていった瞬間かかる。型は小さかったが背がかり
だった。飛んできたのをキャッチと思ったが、受けミスでタモの外側へ。
ひっくり返して確保と思ったが、針がタモに刺さっていて、魚だけが
抜けてしまった。

 消沈しながらおとりを変えて、下流へと泳がせると早速掛かる。これも16cm
ほどだったが、尻尾掛で面白い引きをしてくれた。この形なら続くだろうと
期待したが、直後に根がかり3連発、気配がなくなってしまい、どれだけ
探っても釣れずに終了。結局3匹で1日を終えた。

 魚の反応がないことを差っ引いても、ここまで釣れないのはさすがに
腕の問題。昨年も9月は苦手と宣言していたが、今年も変わらず。
丁寧に釣っていたつもりだが、うまく釣れないのは、やはり丁寧さに
欠けているからかと思う。ここから先、おとりの動かし方をもう少し
ゆっくりとして、魚の反応をみながら釣ってみたい。何とか、いい釣りを
して1年を終えたいと思うがどうなるだろうか?

092901.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。