10/27 塩浜テトラ

メバル
10 /27 2017
10/27 塩浜テトラ

■データ

 ・メンバー:Bigone 
 ・エサ  :青虫
 ・対象魚 :メバル(24.5・23・22cm 各1匹)
        ガシ(23~20cm 4匹 以下3匹)
        タケメバ(30.5cm 1匹) ビリセイゴ(数匹)
       
■釣行記

 今回は、台風の大雨の影響が残っているであろうHGへ。
歩きたくないとは思ったが、川の影響の少ないところまでは、
ということで、前回と同じポイントへと向かう。

 到着し、ポイントを確認して。。。と思ったところでスパイクが
まさかのスリップ。一瞬で体が宙を舞い、お尻がテトラにドスン。
その後、体が思い切り傾き、竿がテトラにぶつかり・・・ということが
一瞬で起こる。まずは、竿を捨てて、右手でテトラを押さえれば
落下が防げると判断し、竿を捨てる。そして手で体制を整えて
目の前のテトラに立つ。すると、竿が潮に乗って沖に向かいそうに
なっている。これを次のテトラに飛び乗って確保。ここまでわずか
数秒。ドジもいいところだが、大きなけががなくて何より。

 穂先は折れただろうと思っていたが、穂先までちゃんと
ついていた?ケミだけを付けなおして、釣りを開始。2投目、
中層からグーッと持ち込むいいあたりが出る。少し送って、
穂先がしっかり入ったところで合わせると、相当な引きで
つっこんだが針外れで竿が跳ね返る。続いてテトラ際で
あたりが出るが、これも内側へ突っ込んだのち針外れ。

 尻は痛いは、魚は釣れんは・・・踏んだり蹴ったりだなと
思っていると、このポイントのあたりも止まってくる。テトラ
1個動いて、先ほどのポイントをしつこく探っていくと、コツっ
と当たって止まる。今度はしっかり送り込もうと思って
ついていく。すると、ようやくグーッと入るあたりまで出して
大合わせ。竿がしっかり立てられたのでかなりの引きだが、
立てて止める。テトラ穴に向かう引きだったので、止めて
対応するが相当な重み。貼りつかれることもなく無事
浮かせた。チヌでは無い引きだったので何かと思ったが、
魚はタケメバ30.5cmと久々のHGでの尺超え。

17102703.jpg


 悪いことがあるといいこともあるな!と現金なもので、
元気を取り戻したが、その直後穂先に糸が絡んだ状態
から、少し糸を張ってみるとケミが飛んでしまう・・・
よく見ると、穂先ごと飛んでいた。穂先は縦割れもして
いたので、最初の衝突で負傷していたのだろう。
今日はなんて悪い日なんだろうと、乱高下も甚だしい。

 とりあえず、穂先1ガイド分を飛ばして、釣り再開。
とりあえず餌があるので釣りを続ける。この場所以外では
あまり当たらず、苦労するがガシを釣ったりしていた。
すると、超前に打つと、ガシの良型が連発。20cm・22cmと続く、
さらにビリセイゴが連発。その後、メバルが釣りたいと思い、
テトラ際に狙いを絞る。際でもまあまあサイズのガシが
釣れる。さらに、テトラ際を探ると、グーッと持ち込む
あたり。これを合わせるといい引きの魚が上がってくる。
抜くと狙いのメバル。サイズは23cmと良型。

17102701.jpg


 ココからは、メバル狙いで際付近を、横打ちで攻める。魚が
際の浅いところにいるので竿が上空を通過した場所は
食わないため、奥へ奥へと進みながら探っていく。すると、
ガシ23cmを追加。さらに、浅いところを引いてくるとグーッと
メバルらしいあたりが出て、これを確保。22cmとこれも
ナイスサイズ。この後、移動時、餌箱の口が空いてしまい、
餌を大量放出(涙)。とっ散らかしっぷりがひどい。

 最後に、際の浅いところを引いていくと、一気に持ち込む
あたりが出る。これは外に走り明らかに型が良かった。
一応タモ入れしたが、24.5cmとそこまででかくなかった。
それでも、HGでこのサイズのメバルは掛け値なしの良型。
直後餌切れで、十分な満足感とともに終了。

17102702.jpg


 まあ、狙いの魚は釣れるし、型もよいし、尺越え根魚は釣れるし、
ガシも良型がほとんど。釣り自体は最高だったが、このジェット
コースターみたいな浮き沈みは何だろう??といった感じだった。
とはいえ、今年のHGは早くからよいメバルがいるので、この先
当面楽しませてもらえそうだ。

17102704.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。