FC2ブログ

11/29 篠島

アイナメ カレイ
11 /29 2010
11/29 篠島

■データ
・メンバー:Bigone 親父
・エサ  :岩虫 エビ
・対象魚 :アイナメ(32/29/25/22cm 各1匹) ムラソイ(19cm 1匹)
       クジメ(21cm 2匹) カサゴ(18~15cm 4匹) メバル(ビリ数匹)

■釣行記
 前回は、カレイ中心だったが、今回はアイナメ狙いで昼からの短時間勝負で篠島に。例年どおり、
親父を連れての釣行となった。

 いつもどおり投げ竿で、お土産確保を狙いつつ、本命を探って行くパターンで勝負開始。探りの
ほうは、1投目から当たりがあり、数投後クジメが釣れる。しかし、いつものパターンだと、クジメが
釣れるとアイナメの時期には少し早いし、クジメとアイナメはジアイが違うのがパターンだと思って
いるので、少しがっかりする。


 ところが、数投後メバルをはさんで、アイナメっぽい当たりがでる。これをあわせると小さいながら、
首振りが伝わってくる。抜きあげると22cmほどのアイナメで、とりあえずキープ。さらに、探るが
このころを境に当たりがへり、ジアイが終了した様子。

 投げのほうも、当たりがないままに進んで行く。親父のほうも、探りでパラパラと釣ってはいるものの、
目立った釣果はない様子。そこで、少し移動しながら探ることにする。少し探って行くと、移動前より
当たりがあり、少し気配がよい。


底をずるような誘いを繰り返すうちに、らしい当たりがでる。しっかり送ってからあわせると、先ほどまで
よりはだいぶましな首振りと重みがのる。浮かせながら確認すると、黄色い婚姻色の魚体が見える。サイズ
的にぎりぎり抜けるかなというサイズながらめんどくさいので、引っこ抜いてみると29cmと、ポン級に
わずかに足りないサイズのアイナメ。


これで少し気をよくして、周りを探るものの、型のよい磯ベラ、ムラソイといった魚でアイナメの気配は薄い。
周りが暗くなるりつつあるため、中層でメバルも活発になっている。投げのほうは、全然だったが、根気よく
投げ替えを続けて行く。

 暗くなる直前、探りでもう1匹アイナメがきて、これは25cm程度とまあまあサイズ。その後の探りは、カサゴ
連発で夕マズメらしいジアイがくる。これでおしまい、投げの釣果なしは、珍しいなといいながら、最後の
投げを回収すると、これがなんと、明らかに重くて、結構な引きをする。

 チョイ投げ用の船竿とはいえ、そこは固めの竿なので、ゴリまきして、抜きあげると32cmというポン級の
アイナメで、無事終了。終わりよければすべてよし。といいたいところだが、しっかり神経締めしたはずの
アイナメが船を下りた時点で硬直。脳締めのほうが、はるかに状況がよい。方法を再検討せねばという結果だった。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。