6/3 名倉川漁協 根羽川

アユ
06 /03 2018
6/3 名倉川漁協 根羽川

■データ

・メンバー:NAさん Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(19~13cm 64匹)

■釣行記

 昨年は、急遽思い立って行った特別解禁。大変いい思いを
したので、今年はNAさんと早くから参戦を決め、昨年と同じ場所を
確保して釣り開始。今回の釣り券番号は93番。昨年は88番だったの
だが、想定外。昨年より1時間近く早目についたはずなのだが、
昨年は束釣り連発との話もあったため、人気が出たのだろう。

 とりあえず、目の前に群れアユがいたので絡ませて、小さいながら
パラパラと釣っていく。NAさんは少し遅れて登場。4匹目を釣ったころに
到着。NAさんは下流側のポイントで釣りを開始している。

 私の方も、群れアユの掛かりが悪くなったところで、下流側に移動する。
こちらで探り始めると、追って掛かる鮎が出始める。どうも、超早がけ系の
針だと、いい場所にかかっていても、落ちるようで、おとりがつながらない。
皮が薄くて柔らかい感じだった。バラシ連発の後、針を変えてからようやく
まともにかかるようになった。

 追って掛かる鮎と群れでかかる鮎は放流種類が違うようで、追って掛かる
魚は背ビレが長いタイプ、群れているのは、普通の背ビレの魚が多い気
がした。サイズも大分違っていて、追った魚をうまくつなぐと連発させられる
という感じだった。群れは、魚が走ってついていって、しばしグリグリと糸に
触る感触の後、魚が光って下りだすというパターンだった。

 追ってくる魚は、ゆるい瀬の磨かれた岩、対岸付近でかかるパターン
だったが、昨年ほど、どんどんかかる感じでなく、おとりの操作を丁寧に
していないとかからないし、ともかく送り出し直後にかけていかないと
数が続かないという感じで、意外に厳しいものだった。

 型は19cmほどが最大で、17cm以上で半分強ぐらい。半分は15cm前後と
いったところだった。場所を変えながら丁寧に探り続けて、14時前に終了。

 結果としては、64匹、時速10匹という結果は自己最高。となりで釣っていた
NAさんは1匹多い65匹とこちらも記録達成。ともによく釣ったと思う。
感覚的には追いはイマイチと感じたが、さすがに特別解禁。数、型ともに、
十分満足できる結果となった。丁寧に釣れば循環が続くという環境のなか、
雑なところが出たが、まあ、うまく釣ったなという印象。今後も丁寧な釣りで、
厳しい状況でも釣れるようにテクニックを上げていきたい。

18060301.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。