FC2ブログ

6/23 愛知川上流

アユ
06 /23 2018
6/23 愛知川上流

■データ

・メンバー:NAさん Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(18~13cm 18匹)

■釣行記

 昨年の釣行と全く同じパターンで、今年も愛知川解禁へ。
曇り空で雨が降りそうな状態で気温も水温も低いが、
それでも湖産の解禁追いに期待しての釣行となった。

 先週までよりはだいぶゆっくりとした、釣り開始時間で
7時ごろから川見をはじめ、7時半ごろからの釣り開始と
なった。空いている場所を数か所見た結果、チャラ瀬の
石色の良いところで釣り開始とした。ココには、かなり
大きな群れがいたので、この群れも掛かるだろうとも
見込んで釣りを開始する。

 最初は、チャラ瀬の中を泳がせていたがかからないため、
対岸にいる群れに絡ませていく。少し待っていると小さい鮎が
かかる。この後、最大18cm程度を交えながら、15cm前後のアユを
中心にパラパラと掛かっていく。群れがでかいのだが、あまり
食んでいる様子もないので、絡んでからかかるまでに時間が
かかる。

 それでも、時速5匹程度の感じでそれなりに数は伸びていく。
10時ごろ、群れが散り始めその直後、追って掛かる魚が
初めて出る。追星が出た18cmがかかる。その後も石周りで
少し追い気のある魚がかかって状況はよくなったと思った。

 ところが、その後群れが瀬に入ったが、この魚は全く反応が
なく低水温のせいで、徐々に動きが悪くなってしまう。最終的に
10時半ごろには、ほぼかからない状態になってしまった。
ちょうどNAさんが巨大なマスにブレイクをくらったところで、
20匹ほどとのこと。私も18匹とほぼ同数となっていた。

 周りは2匹~10匹ほどとあまり釣れていなかったため、
まあよく釣ったほうではあった。ここで私は第2ポイントへと
移動を決める。少しでも追う場所を探して人のいない場所へ
入りなおす。このころから雨が強くなってきて、水温も大分
下がってきた感じだった。

 ここでは奥目に石色の良い部分があり、懸命におとりを
泳がせていくが、魚の反応はほとんどなく、気配が薄い。
まったく追っている感じもなく、近くで遊んでいる感じすらない。
移動しながら、上流の段々瀬を釣っていくと、2回ほど蹴られるが
結局かからず。13時過ぎに早々にリタイヤして終了。

 結局20匹に届かず、18匹という結果になったが、釣れない
雰囲気の中で、とりあえず釣ったなと思う。それにしても追わない
鮎釣りは楽しさ半減だなと改めて感じる。今回の群れは大きかった
ので、うまく釣れば早い時間で30ぐらいは確保できた可能性が
あったと思う。こういうところでまだ雑さが出たなという感じがあり、
まだ修行が必要だと思う。NAさんは24匹まで伸ばして終了とのこと。
最近の安定感と釣りっぷりはかなりのもので、さすがの腕だ。

18062301.jpg
 -大きい1匹がおとり (涙) 他がかかり鮎-
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。