FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/28 矢作川

アユ
07 /28 2018
7/28 矢作川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(23~19cm 14匹)

■釣行記

 今回は地元の矢作川へ。暑いのでいつもの上流へ。
台風の影響で曇り空。まあ、悪くない条件だったが、
午後に用事があったため、朝8時前からの午前中勝負。

 今までいい情報は聞かなかった矢作だが、今週は
違うようでおとり屋もそこそこ釣れるよとの話。そして
型がいいから皆、切られているとのことで、大型との勝負も
楽しめそうと珍しく期待のできる話だ。目標を午前2桁に
設定し釣り開始

 いつも入るところの石色があまりに悪いので少し上流側から
スタートする。おとりが小さめで弱りそうだったので、流れの
緩いところでおとりを変えようと守りの姿勢。対岸のユルチャラに
少し魚が見えているのを発見。ここを丁寧に泳がせてみる。
するとギランと光って掛かる。よし!おとり変わり。と思い抜き
あげると空中分解。

 他のところを攻めるとおとりが弱りそうだったので引き続き
同じ場所を守りの姿勢で泳がせることさらに15分(苦笑)。
ようやく目印がビューんと走り掛かる。21cmほどの背がかりで
結構引く。前回の宮川が小さかったのでかなり大きく感じた。

 おとりが変わったので足元から泳がせていくと早速かかる。
がつーんと目印が走り一気に上流へ。でかいだろうとは思ったが、
ホントにでかい。相当竿を曲げて我慢して抜き。。。抜き。。
。。。抜けずに水面を泳いでタモに。23cm、しかも幅広の良型。
確かに、このサイズなら切られるな、と思った。続いておとりを
変えて上飛ばしでさらに同サイズ。これは、たまらん。という
感じになってきた。次は足元でかかる。これもでかいが、
掛かった直後ふっと軽くなる。ハリスが飛んでいた。2匹釣れたので
気を抜いていたが、確かにハリスが細すぎた。

 ここで潜ませていた太ハリスの8号針に変えるが、魚がかからなくなる。
丁寧に上飛ばしで探ると、石横でかかる。少しペースが落ちたが、
パラパラと掛かる。型は21cmがメインとだいぶ小さくなったが、
それでもこのサイズが順調にかかるので楽しい。

 この型なので、同じ場所での連発はないが、ここぞと思うポイント
には、しっかりと魚が入っていて、まあまあのペースが継続する。
幸い、かなり空いていたので上流に向かって移動しながら、
魚を探して釣っていく。何とか2桁は確保できそうという感じで
釣りを続けていく。

 釣っていたタナで2桁ほど確保し、残り1時間。もう一つ上のタナで
爆釣を狙う。ところが、そうはいかずこちらの方が石色が悪い。
最初の1匹以外は、深いところでかかっていたので、少しでも
石いろのよさそうなところへおとりを誘導する。すると、狙い通り
掛かって追加。さらに、もう1匹淵の石上で追加。最後の1匹は
瀬の対岸を狙い、元気なおとりを激流に突っ込んで確保。
最後の1匹も23cmの良型だった。

18072801.jpg


 総数で14匹。あまり停滞なく釣れ、型も大きくて数字以上の
満足感となった。今年も矢作は数が少ない分型が良い。しかも
昨年以上。あきらかにでかいのが出るが、上流域の魚は
今がピークだろうか。想定外の今年初の大物勝負を堪能できて
よかった。

18072702.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。