FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/4 宮川上流

アユ
08 /04 2018
8/4 宮川上流

■データ

・メンバー:NAさん Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(17~9cm 28匹 (ビリ7匹))

■釣行記

  前回そこそこいい釣りができたこともあり、今回も宮川上流へ。
 ポイントがいっぱいあるため、今回は下流の久保井土付近に
 入川する。

  おとり屋情報では、ダム放水で水が出て垢残り狙いとの話。
 たしかに流心は垢が飛んでいてヘチや石に残っている感じ
 だった。私は歩きながら、ここぞと思うところで先にポイント決定。
 NAさんはさらに下流に下って釣りを開始する。

  まずはおとりを変えるため比較的緩い流れの腰ぐらいの水深の
 場所を釣る。石色もよくどんどん掛かってもよさそうな雰囲気だった。
 養殖を泳がせていくと、浅場によっていく変な動きをする。差し替えようと
 思うと掛かっている。あらいきなりと思ったがこれはウグイで18cmほど。
 差し替えると、おとりが石周りに走る。するとすぐにかかって17cm級の
 きれいな魚がかかる。

  今回も朝一から入れ掛かりか?と思っておとりを交換して探るが、
 気配なし。周りでも続かない。少し上流に移動し、おとりを養殖2号に
 変えてしばし、ドンと掛かってゆっくり下る。これはええ型と思ったが、
 ええ型すぎで巨大な魚影が右往左往。ウグイかニゴイだと思われるが
 どれだけやり取りしても、弱ることなく、ひたすら耐えていると0.05の
 複合がぷっつり。

  ココから少し上流までで何とか2匹追加。さらに10cmほどのビリを
 1匹釣って計4匹。見た目素晴らしいポイントだけにもっとかかると
 思っていたが、イマイチ。掛かる場所を探して移動する。ここからが
 地獄モード。トロ、チャラ瀬、早いところ、強い瀬と一通り探ったが、
 実に2時間ほどかからず。10時40分でも4匹という状況。

  おとりも動かなくなって、まともに探れるおとりが1匹という惨状に
 なった。チャラ瀬の石裏をふらつかせて、なんとか状況を打開しようと
 探りを入れているとビリがかかる。10cmほどのビリだったが、巴川で
 培ったビリ対応力を生かし、このおとりで探り始める。すると9cmほどの
 ビリがかかる。このサイズが2匹ついている仕掛けを上げるのはかなり
 物悲しい。しかし、この9cmを泳がせて11cm、さらに石裏でかかって
 13cmとようやくおとりらしい型がかかる。

  ここからは、チャラ瀬の中の少し早いところ、掘れ込みのパターンで
 連発する。ビリもたまに交えながら一気にいい状況に。最大16cm
 ぐらいの魚だが、連発して気持ちいい。一通りチャラ瀬を探って
 トータル20匹を超えた。

  状況が良くなったと判断し、強い瀬の中を引いて釣っていく。
 すると大きくはないが、いいかかり方でここでも連発。最終的に
 前回同様の28匹という釣果まで挽回して14時終了。

  明らかに前回より型も小さく、苦しい釣りだったが、途中チビ
 おとりを繋いだあたりは、あきらかにうまく対応できたなと思う。
 前回とは違う形のチャラ瀬のガチャガチャを攻略して数を伸ばせた
 こともよかった。NAさんは私よりは順調に釣って、型良しの25匹と
 まずまずの結果。ただ、NAさんも10時半ごろまで5匹とジアイが
 くるまで相当苦労したようだ。

  なんとか1ジアイを掴んで何とかなったが、最初に折角掛かる
 場所にいただけに、いい場所はじっくり釣る方がよかったかな、
 と改めて思う。こういう苦労も含めやはり鮎釣りは面白い。

18080401.jpg
   *ビリ7匹リリース 弱った4匹はクーラー輸送につき、写真外。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。