FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/23 足助川

アユ
09 /23 2018
9/23 足助川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :友釣
・対象魚 :アユ(23~17cm 13匹 13cm 1匹)

■釣行記

 水が高く釣りづらい、矢作川を避け多少水況のよい巴川へ。
久々の香嵐渓方面へ向かった。メインの香嵐渓付近は人が多く、
竿1本ごとに竿が入っている状態。こういう状況はあまり好きで
ないので、思い切って足助川に入川してみることに。

 こちらは、人がおらず合流から釣り上がっていく。まずは、
魚の多く見えるあし際からスタート。1回目は上流に向かって
泳がせたが、反応なし。次は下流の際へ入れていく。少し経つと、
ブルっと反応してかかる。足助川と言えば、10月でも、15cmが
平均というイメージだったが、今年は1匹目18cmと悪くない
サイズだった。

 このおとりで付近を泳がせたが反応なく時間が過ぎる。
この後、すこしずつ釣り上がりながら探っていく。次に探ったのは
岸際の垢残り。上流に向かう途中に浅いところに定位している魚が
見えたので、ココに向かって泳がせていくと瞬殺。いい形で2匹目が
捕れた。
 その後、17cm前後の魚をヘチの浅瀬で連発。2匹のバラシが
痛かったが、ここで5匹目まで順調に釣る。そして、川の中央の筋で
1匹。このおとりで早い瀬を通して1匹。さらに上流に泳がせて1匹。
これは20cmの良型だった。

 この後、上流側でバラシ2匹で流れが止まる。さらに、根がかりで
貴重なポイントをつぶしてしまい、状況悪化。掛からない時間が
長くなる。大きいおとりに変えて、渕の早い流れに入れていくと瞬殺で
掛かる。この魚はでかく、耐えて抜いたが、ダンゴ。そして、最近の
はやり?のおとりが居なくなるパターン。鼻環周りの出来がわるいの
だろうか?

 型は23cmとでかくて、強い流れに対応できる。ここから連続でいい型が
かかるが、なぜか、連続でばらす。3匹でようやく捕れたが、21cmと良型ながら
腹がかりで絶命。さらに同じところを探ってきれいな20cm、さらに21cmと
このポイントでは良型が連発する。

 探りきった感じになり、下流の釣り残しを釣るつもりで釣っていき、1匹追加。
このころから、雨も降っていないのに濁りが入ってきて、気分が低下したことも
あり、ここで終了。

 一応、本流の大島で30分勝負を敢行したが、気配なく終了。今回は、20匹は
余裕で釣れる環境だったような気がするのに、また14匹。まずはツ抜けできて
よかったが、ふがいない時間が長かった。狙った形で探れたところも多くなく、
オトリ任せだったところも多かった。強い流れのヘチを狙って引けたのは、
今年の進化と言えるだろうか?過去の泳がせやゼロだけでは、うまく入れられない
ところを釣ることができた気がする。

 足助川は例年、錆びるのがめちゃくちゃ遅いのだが、この時期に卵すら入って
いない魚が大半となると、まだまだ釣れるということか。今年はもう少し、巴川で
釣ってみようかと思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。