FC2ブログ

8/24 国分沖一文字堤

サンバソウ
08 /24 2011
8/24 国分沖一文字堤

■データ
・メンバー:Noageさん ソルティ Bigone 
・エサ  :カメジャコ ストロー ザリガニ
・対象魚 :サンバソウ(22cm 2匹) キジハタ(27~26.5cm 3匹)
  クロダイ(40cm 1匹)カサゴ(21cm 1匹 ビリ 2匹) 他

■釣行記
 今回は、当然のキジハタ狙いと、朝夕の一時にサンバソウ、さらに交通事故の年無し
チヌを目標にスタート。本来なら、Mさんも同行の予定だったが、諸事情でリタイヤ。
凶とでたのか、天候はよかったが、結果はイマイチということに。

 到着後、夕マズメにサンバソウ狙いで探り始める。全員近いところで探っていくが、
まず1投目で、なんとソルティーがキジハタを確保。まだ明るいうちからの確保で
好調が期待される状況。私のほうは、暗くなってからが本番と、明るさが残る間は
ストローと、地元で採取したザリガニの餌で探り続ける。途中、グレの28cmほど
のものが釣れた以外は、フグばかり。結局明るさが残っている間に、目立った釣果は
なかった。その間に、ソルティー・NAさんが各1本、キジハタを確保しており、
今日も行けると確信して、夜に入る。

 暗くなってから、NAさんには2本、28cm級が食ってきたものの、私に至っては
夜釣り開始から2時間、まったく気配がない状態が続く。かなり探りまくって、ようやく
あたりが出たのは、2時間を超えたころ。カメジャコで底をズル引きしていると、当たり。
送り込んでいくと、一気に穂先をひったくっていく。そのまま、向こう合わせにならない
程度にこちらから合わせを入れて勝負開始。底を這うように外に向かって走る。竿が完全に
しなり、一瞬でそこそこの型とわかる。これがキジハタなら、自己記録と思いながら、糸を
出さずに耐えていたが、外に走る分気楽で少し糸を送りながら勝負。根ずれに注意しながら、
そこから先は一歩も糸をださないやり取りで踏ん張ることしばし、水面に魚が姿を現す。
が、その魚が再度潜行を開始して、抗いまくる。こりゃ、キジハタじゃないとわかったが、
チヌっぽい首振りも、水面のバチャ音もない。でも、グレじゃない感じだし、と思いタモ入れ
する。キジハタに一縷の望みを託したが、やっぱしチヌで、サイズはジャストで40cm。
まあ、悪くないサイズで、ほっとする。

 
 本命サイドのキジハタの不発だし、型もいいため、リリースせずとりあえずキープ。
その後、ソルティーから、確認の電話が鳴った、ちょうどそのタイミングでキジハタ
あたりが出る。これは、ともかく丁寧に送り込んで、十分に糸が走ったところで合わせ。
サイズは小さく26.5cmだったが、本命キープで一安心。

そして、さらに15分後ぐらいに、今度はストローの餌で、探っているときに当たり。
これは、あたりがしぶかったこともあり、異常に丁寧に送り込んで、あわせる。最初の
突っ込みがかなりだったので、一応タモ入れするが、27cmと、抜けるサイズだった。
これで2匹目だったが、以降ビリの当たりしかなくなったため、探り疲れたAM1時半で
いったん休憩。

 3時過ぎに明け方ジアイに賭けて釣り開始。明るさが戻ってくるまでは、まったくの気配
なし。その後ジアイ到来なのか、ビリ、そしてガシのあたりが出る。キジハタくさい当たり
で上がってきたのは21cmのカサゴでお土産の少なさもあり、とりあえずキープ。

 さらに、明るくなりそろそろ終了だな、と思ったところで明確なキジハタあたり、これは
外せないと思い、ゆっくりとついていって、走り出してさらにテンションをかけきったところ
で、大合わせ。キーンと竿が満月にしなり、さすがにいい引きをする。ただし、これも少しの
間で、もわっと浮いてきて、そのまま抜きあげて確保。サイズは26.5cmと同型だった。


 明るくなって、予定通りのサンバソウ狙いに転身。先行していたNAさんに、1発
本命っぽいあたりがでていたので、少し期待してのスタート。NAさんがエサギレ終了
となった直後に、かなりそれらしいあたりが出る。一気にあわせると、しましまの魚体が
水中で暴れる。さすがに良く引くなーと思いながら浮かせてくるが、右往左往の抵抗を竿で、
溜めて、いなしてという時間がつづく。そうこうするうちになんとか魚を浮かすが、タモが
うまく外れない。目測で27cmほど。タモが外れないのでこのまま一気に抜きあげることに
決め、抜きあげた瞬間、水面直上でまさかの針外れ。

 意気消沈しながらも続きがあると期待し、探ると直後にキーンで21cm、さらに追加で
22cm、と型が小さめながら、連チャンモード。しかし、これも2枚で終了。フグモードに
代わってしまいエサギレまで30分。これにて終了。



 今回はキジハタが薄く、先週のKST方面以上に苦労する結果となった。なんとかいろいろな
魚が釣れたおかげで私的に形にはなった雰囲気だが、皆が苦労する厳しい結果に。ソルティーは
ルアーで5本確保し、初キジ挑戦にやや満足、NAさんは、まさかまさかの3本という結果で、
疲労感の残る釣行となった。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。